事変

未来で会えるよ

不動峰公演が終わる前に

 

まだ寒くて寒くて仕方のなかった真冬の東京で始まったテニミュ3rdシーズンの初演である不動峰公演も、今週末に大千秋楽を迎えようとしている。先日、プレビュー公演初日のために上京したときに厚手のタイツ一枚では耐えきれなくて新しく靴下を買ってしまったことを懐かしく思いながら、薄手のワンピースでメルパルク大阪に向かった。

 

 大阪初日、開演前に会場を見渡すと2階席の後ろの方はがらんとしていた。私の知っているテニミュの会場より確実に客の数は少なかったけれど、決してしんと静まりかえるような冷たい空気ではなく、心地いいと感じるほど期待感の溢れる声であふれていて驚いた。というのも、今思い返すとプレビュー初日の少しピリピリした雰囲気が私にはどうも悪い意味で印象に残っていたみたいだ。これは勝手に私が感じていたことだし、何が悪いということではなく新しいものに触れた時の戸惑いによるものだと思うんだけど、プレビュー初日のTDCはしっかり席も埋まっていたにもかかわらず会場は息がつまるような重さがあった気がする。いつも初日はそうなのかもしれないけれど、純粋にわくわくする楽しい気持ちというよりどちらかというと細かく赤チェックをつけるような、厳しい目を光らせている人がたくさんいて、私もその品定めをするうちの一人になってしまっていたんだと思う。もちろんそれが一概に悪いとは言えないし、そこは人それぞれだなあと感じている。私は先代である7代目青学がほんっとうに大好きなんだけど、だからこそ余計に「今目の前にいる彼らをこれから愛していけるのだろうか」という不安があった。大好きになりたいのになれるかわからないと思いながら楽しいはずのテニミュを見るのが複雑だったんだけど、でもあのメルパルクのあたたかい空気の中で改めてきちんと彼ら自身を見て受け入れることができたとき、素直にホッとした。会場を後にするときに、「プレビューの時はごめんね…」みたいな気持ちになったりもした。

テニミュはこれまで大阪は地方公演の一番最初に回るのが普通だったんだけど、今回は今までと違って地方公演のトリを飾る場所になった。そのために以前より大阪に来るまでの期間が必然的に長くなって、より多くの経験を積むことになる。だからきっと大阪初日のあのあたたかい空気を作り出したのは、彼らの今までのテニミュキャストとしての功績なんだと思う。もちろん単に歌ダンスや演技のスキルが上がっただけでなくキャラクターの解釈を深めることや日替わりネタの面白さ、ベンチワークも驚くほど良い方向に変わって、ミュージカルとしての完成度は日に日に上がっている。けれど私はそれよりも、桁違いに伸びているところは彼らの「テニミュキャスト力」な気がした。自分たちでどんなアピールをすれば好きになってもらえるかを考えて試行錯誤したのか、それとも慣れて自然にできるようになったのかはわからない。けれどプレビュー初日はただ手を振るだけだったアンコール曲で、それぞれいろんな笑顔を振りまきながら一人ひとりの観客と目を合わせる彼らはもう「ミュキャス」の顔をしていた。それは確かに私がよく知っていて、大好きなキラキラだった。その特有のキラキラが徐々にテニミュブログや個人のブログでも滲み出るようになり、テニミュキャストとして自分たちだけが持っているもので堂々と勝負しようとしていることが伝わってきて、私は「もうぜったい大丈夫、愛していけるな〜」とやさしい気持ちになった。

 

今本当に、私はテニミュが楽しくて仕方がない。まだまだ面白いことがいっぱい起きるだろうし、そう思うとわくわくが止まらなくなる。けれどきっと3rdシーズンのフィナーレを迎えるのは8というナンバリングをされた彼らではないし、次の12人を愛せる保証なんてどこにもない。どんな子たちがやってくるか当然だが見当もつかないし、その頃自分がどうなっているのかなんてもっとわからない。それでも私はこのニューウェーブに乗るために、必死にもがいていこうと心に決めた。

 

だから…また一緒に行こうぜ、全国!